小林 至
Itaru Kobayashi
桜美林大学教授。博士(スポーツ科学)
生年月日
1968年1月30日
出身地
神奈川県
92年、千葉ロッテマリーンズにドラフト8位で入団。
史上3人目の東大卒プロ野球選手となる。
93年退団。翌94年から7年間、アメリカに在住。
その間、コロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得。
2002年より江戸川大学助教授(06年から教授)。
05年から14年まで福岡ソフトバンクホークス取締役を兼任。
パ・リーグの共同事業会社「パシフィックリーグマーケティング」の立ち上げや、
ホークスGMとして現在の黄金期の礎を築く。
また3軍を創設し今や日本を代表する千賀投手や甲斐捕手を育成する。
2019年、博士号取得(早稲田大学スポーツ科学学術院)
テンプル大学、立命館大学、桜美林大学、サイバー大学で客員教授、
一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)理事、
スポーツ庁スタジアム・アリーナ推進官民連携協議会の幹事。

著書・論文等:
連載中・
夕刊フジ「小林至教授のスポーツ経営学講義」~
ゴルフダイジェストオンライン「小林至博士のゴルフ余聞」~
近著『スポーツの経済学』(PHP)など著書、論文多数。

家族は妻と2男1女。
趣味はゴルフ
MAIL:
出演、講演等のお問い合わせは、こちらから